“暑い”熊谷市で 熱中症の危険のある高齢者宅の 住環境の調査と見守りの社会実験を弊社が窓口となって実施

暑い”熊谷市で、地元NPOと企業6社のコンソーシアムが協力し、熊谷市の後援を受け、みてるくんを使った熱中症の危険のある高齢者宅の住環境の調査と見守りの独自の試みを開始しました。
夏季の高齢者の住環境の観測データがないことから、地域のNPO が協力して熊谷市における高齢世帯の住環境(温度・湿度など)を夏から冬にかけて調査し、危険になりやすい状況や時間帯・生活スタイルを整理して、今後の支援の方法に活かす試みです。
詳しくはこちら

What's New